デリヘル開業時に借りた激安物件が実はいわくつきだった…!?その末路

世の中には科学で解明できない不可思議な出来事が起こるもの。これはあるデリヘルのオーナーから聞いた信じがたい話です。それは今から15年前のこと。その人は貯金をすべてつぎ込み、念願叶って自分のお店を開業することに。事務所兼、待機場を探していた時に、とても安い物件を発見しましたが実はこれ、いわゆる事故物件。前の住人が自殺をしたというのです。でも、そういうことを全く気にしない人で、すぐに契約したそうです。それから数日間、そこで寝泊まりしたそうですが心霊現象なんて全く起こらなかったそうです。そして、いよいよデリヘルもオープン。お店も順調な滑り出し。もちろん、スタッフや女の子に事故物件であることは内緒にしていたそうです。開業してから数ヶ月後、1人の女の子が入店したことで事態は一変。その子は霊感が強く、待機場で女性の声が聞こえる、霊が見えると大騒ぎになったそうです。その後も霊感が強い女の子が入店する度に霊が見えると言い出し、すぐに退店しまったとか。そして、それが感染するかのように他の女の子たちも続々と退店し、売上も激減でデリヘルとしては致命的に…。挙句の果てにオーナー自身も夜中に1人で仕事をしていたら女性の声が聞こえるようになり、精神的にボロボロの状態に…。そして開業から一年も経たない内に廃業へ。果たしてこれは全て自殺した霊の仕業なのか…。信じるか、信じないかはアナタ次第です!